Q
家財の保険金額の設定方法を教えてください。
保険金額を設定するには、お客さまの家財がいくらあるか(評価額)を算出する必要があります。
評価の方法については、次の2通りがあります。
 (1)お客さまの世帯主年齢や家族構成から標準的な評価額を基準として算出する方法
 (2)お客さまがお持ちの家財を積算して算出する方法

算出された評価額を上限に、お客さまに保険金額を決めていただくことになります。
万が一の事故の時に十分な補償となるように、評価額と同額で保険金額で設定いただくことをおすすめします。

※評価額は再調達価額(新価;保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに必要な金額)を基準とします。
※明記物件(一個または一組の価額が30万円を超える貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨とう、彫刻その他の美術品等)の評価方法は上記とは異なります。


詳細につきましては、取扱代理店・営業社員または営業店までお問い合わせください。
この回答は参考になりましたか?